公益財団法人馬事文化財団

» ご寄附のお願い

マイネルキッツ
Meiner Kitz

第139回天皇賞(春)〔GⅠ〕優勝 2009年(平成21)
松岡正海騎手騎乗
第139回天皇賞(春)〔GⅠ〕ゴールシーン

写真提供:JRA

中央競馬のなかでも長い歴史と伝統を有する名誉ある競走「天皇賞」に勝利した元競走馬です。
2005年のデビューから9シーズンにわたり現役生活を続け、出走したレースは52回を数えます。重賞競走では、天皇賞を含め3勝を挙げるなど、2,000m~3,600mの中・長距離レースで活躍しました。

現役時代に同馬を管理した国枝栄調教師(美浦)は『長きにわたって厩舎を引っ張ってくれて非常に感謝していますし、無事に乗馬になることができてほっとしました。10歳までよく頑張ってくれました』とコメントしています。

【プロフィール】

品種
サラブレッド
生年月日
2003年(平成15)3月18日
性別
せん(去勢した牡)
毛色
栗毛
血統
父:チーフベアハート
母:タカラカンナ
産地
北海道新冠郡新冠町
入きゅう日
2013年(平成25)12月11日

【競走成績】

52戦8勝 2着8回 3着2回(2~10歳)

【主な勝鞍】

天皇賞(春)〔GⅠ〕2009年
日経賞〔GⅡ〕2010年
スポーツニッポン賞ステイヤーズステークス〔GⅡ〕2011年

※重賞競走とは
歴史と伝統があり、特に重要な意義を持ったレースとしてJRAが認めている競走。賞金・負担重量・競走内容等によりGⅠ・GⅡ・GⅢのいずれかに分類・格付けされる。
GⅠ(グレードワン・ジーワンとも呼びます)は、すべてのレースの頂点で、優勝馬はGⅠホース(ジーワンホース)と呼ばれる。

【獲得賞金】

5億5,703万8,000円