公益財団法人馬事文化財団

» ご寄附のお願い

団体見学のご案内

一般団体の皆さまへ

・2021年11月27日(土)より受付再開(最大50名まで)

・お申し込み前に必ず当館の新型コロナウイルス感染拡大防止策をご確認ください。

①料金
20名様以上の場合、入館料が半額となります。
②バスの駐車について
博物館へ入館される団体の駐車のみ受け入れております。事前にご相談ください。
※駐車時間は当施設の見学時間に限らせていただきます。
③お食事について
当施設にレストランはございません。
お持ち込みのお食事は屋外のベンチをご利用ください。
④お申し込み方法
下記の団体見学申込書に必要事項をご記入の上、馬の博物館(FAX:045-662-7713)までお送りください。
※ご見学時間の調整等をお願いする場合がありますので、予めご了承ください。

団体見学申込書はこちら

馬の博物館(横浜・根岸)団体見学申込書 ※一般(PDF)

馬の博物館(横浜・根岸)団体見学申込書 ※一般(Excel)


お問い合わせ
馬の博物館
TEL : 045-662-7581
FAX : 045-662-7713

◎馬の博物館のご見学

【常設展】

横浜・根岸で始まった洋式競馬の歴史をはじめ、人と馬との関わり、馬の進化と生態などを分かりやすくご紹介します。

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、馬力測定器等の体験型展示は一時休止しております。曲家は内部にはお立入いただけません。(2021.11)


  • 馬力測定器
    あなたは何馬力? 
    力いっぱい引っ張るとあなたのパワーを測ることができます

  • 南部曲家
    人と馬が一緒に暮らした南部曲家は、
    岩手県遠野市より移築したものです

【特別展・企画展ほか】

年5~6回、幅広い分野の中からテーマを定めて馬に関する展覧会を開催します。


  • 2019年企画展「名馬と武将」展示風景

馬の博物館からのお願い

  • 当施設は屋外を含め禁煙です。
  • 大きな荷物や傘などは館内に持ち込めません。コインロッカー等をご利用ください。
  • 展示室では、携帯電話をマナーモードに設定の上、通話はご遠慮ください。
  • 展示資料や展示ケースにはお手を触れないでください。
  • 撮影は、撮影可能な展示室が展覧会によって異なるため、入館時にご確認ください。
    またフラッシュ・三脚のご利用はお控えください。
  • 展示室内でメモをとる際は鉛筆をご利用ください。
  • 展示室での飲食はご遠慮ください。水分補給には休憩室をご利用いただけます。
  • 館内にはエレベーターがありません。車椅子でご来館の際は、専用の出入口をご案内します。受付にお申し出ください。
  • 未就学児のみのご入館はできません。
  • 補助犬を除き、動物ご同伴でのご入館はできません。
  • 他のお客様のご迷惑となる行為はご遠慮ください。
  • お酒に酔った方のご入館はご遠慮ください。
  • 危険物・火気のお持ち込みはやめてください。

◎ポニーセンターのご見学

馬の博物館に併設するポニーセンターでは、サラブレッドや日本在来馬など様々な品種の馬たちを飼養しています。

※新型コロナウイルス感染拡大防止のため、厩舎周辺エリアはお立入いただけません。ただし、火~日曜日の9:30~11:00頃は馬が外に出て運動する様子、14:00~15:00頃はポニーの放牧をご覧いただけます(天候・馬の体調等により変更の場合があります)。(2021.11)



ポニーセンターからのお願い

〇安全のため、ご見学の際は下記の行為をお控えください。

  • 馬の近くで走ったり、大きな声を出す
  • 馬に後ろから近づく
  • スタッフの指示以外で、馬に食べ物を与える
  • 苑内を自転車等の乗り物で移動したり、ボール遊びをする